トップ > ショートゲーム編 > バンカーショット >


バックスピンのかけ方

バンカーショットの打ち方とバックスピンのかけ方というタイトルでご紹介させていただきたいと思います。

バンカーショットの基本に関しては下記を参照下さい:

バンカーショットの打ち方
バンカーショットの打ち方 その2

今回は特にバックスピンをかけたい場合の打ち方についてです。

以前にバンカーショットでのバックスピンは砂とゴルフボールとの摩擦によっておこるものであるとご紹介しました。

バンカーショットの基本は、砂を薄く長くとることです。ボールとサンドウェッジのフェースとの間に距離があればあるほど、(砂を厚くとってしまうと(深く掘ると))スピンはかかりません。

さて、では具体的にどのようにしてバックスピンの量を増やせばよいのでしょうか。そのためには下記のようなポイントに注意します:

1)いつもよりもフェースを開いて構える(ターゲットにはスクウェア)

2)フェースを開いた分、スタンスと体のラインはオープンにする

3)ボールポジションはいつもより前にセットする

4)ダウンスイングでは十分にヘッドを加速させる

5)フェースは返さない(打った直後、フェースが空を向いているイメージ)

フェースは開くといってもターゲットに向けておきます。ただし、体のラインやスタンスはフェースを開いた分だけオープンにして下さい。

フェースを開くとバウンス角が増え、砂に跳ね返りやすくなりますのでヘッドは十分に加速させる必要があります。

重要なのは、体やスタンスのラインにそって振りぬくことです。ターゲットに向かって振りぬいてはいけません。

バンカーショットを打った後、削り取った砂のラインが、ターゲットよりもスタンスとほぼ平行に、左に向かっていることを確認して下さい。

フェースを開き、体のラインをオープンにすることで、ボールはより高く上がりますし、ヘッドスピードを上げてもボールは遠くに飛ばなくなります。



▲トップへ


ゴルフ総合研究所トップへ
サイトマップへ

(c)ゴルフ総合研究所HM モバイル